So-net無料ブログ作成
検索選択

ID-31でD-PRSを運用してみる [D-STAR×GPS]

ID-31の受信&GPSロガーで遊んでいましたが、やはりGPS付D-STAR機で送信するならD-PRS運用!

ということで、ID-31でD-PRS運用をした時の設定方法をご紹介します。

まずはD-PRSとはなんぞや?という方のために。
D-PRSは『D-STAR機とAPRSの融合』のシステムで、D-STARでQSOしながら送った位置情報やメッセージなどが、APRS用のサイトやソフトで見ることができるもの。
データを送り込む仕組みを画で表すと、こんな感じ↓ 
   d-prs01.jpg
D-PRS運用をするには、上の図にあるような『I-GATE局(=ボランティアによって運営されている)』があるかどうかが重要ですが、ここである程度I-GATE局のある場所などを知ることができます。

TNC(ターミナルノードコントローラ)を介してアナログ電波で"パケット通信"を行うAPRSに対し、D-PRSはDigital Voiceモードの4800bpsスローデータ部分を利用して"音声と同時にデータを送受信する"しくみ。そのため、パケットのみを送り合うAPRSに対し、『音声+データを利用したコミュニケーション手段』であるDVモードで「音声抜きのパケットだけを吐き出し続ける」使い方は、音声通信を妨害するためNG。パケットだけを送るならアナログ電波にでも任せておいて、せっかくのデジタルなら、音声+データをフル活用して遊びたいものです。

次にいよいよリグの設定...ですが、D-PRS運用するには、実は2つの選択肢があります。
(1)GPS(モード表示=DV-G)
(2)GPS-A(モード表示=DV-A)

(1)のGPS送信モードは、受信側の端末がID-91やID-800などの以前の機種でも位置情報が表示できるメリットがある一方、送信側の端末でGPSセンテンスを選択したり、D-PRSチェックサムを利用して コールサインやシンボル、メッセージを表すテキストをリグに登録しておく必要があり、「初心者にはけっこうわかりにくい」と言われていました。

(2)のGPS-A方式は(1)でメンドーだった設定を簡単にしたもので、IC-2820以後のD-STAR機に搭載されました。
ID-31はさらにこのGPS-Aが改善され、D-PRSで課題となっていたSSIDが自由に設定できるようになりました。
今回はそのGPS-A方式でD-PRSを運用する方法をご紹介します。

■ID-31内蔵GPSの設定(すでに内蔵GPSに設定済みの場合は不要)
[MENU]-[GPS]-[GPS設定]-[GPS選択]で内蔵GPSを選択(デフォルト=OFF)

■GPS送出方法の設定
[MENU]-[GPS送信モード]でGPS-A(DV-A) を選択(デフォルト=OFF)
   ↓
 ・[アンプロトアドレス]はデフォルト(API31,DSTAR*)のまま。
 ・[データ拡張]デフォルト(OFF)で使えます。(私は進路/速度を選択)
 ・[タイムスタンプ]デフォルト(OFF)で使えます。(私は日時分を選択)
 ・[高度]デフォルト(OFF)で使えます。(私はONを選択)
 ・[GPS-Aシンボル]で希望するシンボル(絵)を選択。
  ID-31の初期状態ではここで徒歩/自転車/車/自宅の4種類が表示されますが、
  [QUICK MENU]を押すと、その他のシンボルも選択できるようになります。
  私のID-31は、普段は徒歩、愛車で出かける時はを選択しています。
 ・[SSID]
  ID-31は、なし/数字/アルファベットから任意でSSIDを設定できるようになりました!
  なおD-STAR用のSSIDとしては、2010年6月にWB4APR Bob氏から
   -5 Other networks(Dstar .....etc)
   -A through -Z for Dstar
  と、新たに割り当てられたアップデート版が発表されています。
  私のID-31は、ID-92でも使っていた[-A]を選択しています。

これでID-31でD-PRS運用する設定が終わりました。あとはD-PRSのI-GATE局のあるレピータ(またはシンプレックス周波数)に設定してQSOを楽しむだけ、です。QSOしている電波にD-PRS用のデータがあった場合、24時間タヌキワッチ(?)を続けているI-GATE局が自動的にAPRSサーバに送り込んでくれます。

上記で設定したID-31からのデータは、こんな感じで見ることができます。
  d-prs02.jpg
  走行スピードが全世界に公開されるので、走り屋系の方は要注意です。

なお上の状態で[ストリートビューで追跡]をクリックすると...周囲の様子が「見える」ようになります。
  d-prs03.jpg
  人に言えないような場所からQSOした場合、この画面で行動バレるので、注意が必要です。

ちなみに先日お仕事で外出した際、聞こえてきたCQに”本能的”に応答してしまいました。

その時の時間(=勤務時間)や場所、さらには走行スピードまでがオープンとなり...散々な目に遭いました。(T.T)


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 4

コメント 2

kan

AZLさん

APRSは知っていましたが、D-STARでは出来ないと思っていました。
上記の通りにやってみみました。

反映も早く、全く問題なく楽しめました。
うまくPRするともっとD-STARの普及がもっと早くなると思いました。
by kan (2011-12-24 01:20) 

JK3AZL

kanさん おっしゃるとおり「D-PRSを使う」と言ってD-STARを始めてくださる社団局が増えているのは確かです。なので、PRをしっかりしないと、せっかくの便利機能が埋もれてもったいないことになってしまうのですね。
by JK3AZL (2011-12-24 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

D-PRSの移動用I-GATE局を作ってみました(アマチュア無線大好き!AZLのD-STAR日記 2012-10-15 13:19)

D-PRSを陰から支えるI-GATE局。JP3YHHの平野430レピータエリアにはクラブ(JL3YUC)でI-GATE局を設置していますが、やはり仲間で出かける際などには、シンプレックスのI-GATE局も欲しいもの。そんな時のために、移動用I-GATEキット(?)を作ってみました。 利用…[続く]

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。