So-net無料ブログ作成

D-STARリグ選定のポイント [D-STAR]

D-STAR(Digital Smart Technologies for Amateur Radio)が世に出回ってから約十年。
短い期間で世界的に大きく普及したD-STARは、新しい製品が出る度に操作性などが進化しており、リグ選びに困ることもしばしばです。^^;
バンドや出力、広帯域対応かどうかなど、リグを選定する条件はたくさんありますが、デジタル部分については、わずかな違いが後々の満足感を左右することも。

そこで、カタログを見比べるだけではわかりにくいD-STAR機の違いを一覧表(*)にしてみました。

image.gif

まず大きな違いは、D-STARレピータを使うときに

(1)周波数やレピータ&相手局コールサインを自分で設定する
(2)あらかじめ入れておいたメモリーを使う
(3)簡単設定機能(DRモード)を使う

のどれが使えるか?の違いがあります。

(1)の方法は、D-STAR対応機であれば、アイコム製でもそれ以外のリグでも、全てのリグで使うことができます。
(2)の方法は、ゲート超え(ゾーン外との通信)が簡単にできるとして特に国内で流行った方法ですが、D-STARレピータの数が増えるにしたがいメモリー数が足りなくなり、アクティブなHAMにとっては使い勝手の悪いものになってきました。
(3)の方法はID-80/880から搭載された機能で、特にID-31で[DR]キー長押し後の操作性を体感してしまうと、それ以前のD-STAR機が使えなくなってしまうほどです。^^;

もう一つ、GPSをどう接続するかの問題も見過ごすことができません。

非常通信や山岳移動に使う場合はもちろん、仲間とアイボールする時なども、GPSは便利なアイテムです。

(1)固定機:リグに位置情報を手入力する[GPSマニュアル設定]機能のあるリグは便利です。
(2)モービル機:国内モデルのIC-2820はGPS標準ですが、その他のモービル機や固定機の場合は、ガーミン社のGPS18×PCなどを取り付けることで、GPSを利用できます。
(3)ハンディ機:ID-80&ID-92には専用のオプションGPSマイク(ヘビーな作業にも耐えそうな頑丈さ!)が用意されています。ID-31やID-51はGPS内蔵ですが、高精度なのでお勧めです。

なお私はすでにID-51を予約済み[ぴかぴか(新しい)] あとは「はやく発売開始して~」とお祈りする毎日が続いています。^^;


(*)2012/10/31  リストを見た方々からfacebook経由でたくさんのコメントやメッセージをいただいたことから、一覧表を改訂しました。主な改訂箇所は下記のとおりです。

・ID-1および生産終了機種も追加
・各機種の発売開始年も追加
・モードや最大出力を追加
・その他、お問い合わせのあった機能などを追加

たくさんの方々にブログをご覧いただいたようで、とっても感激です。 [揺れるハート]


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。